ギアの鍵を紛失、メットインにインロックしてしまった緊急対処法

バイクの鍵をなくしてしまったり、スペアもない、またはメットインにインロックをしてしまった場合ってすごく困りますし、緊急事態ですよね。

このページを今ご覧のあなたは、ヤマハのギアの鍵をなくしてしまって、運転ができずに困っていたり、もしくは、インロックを解錠したくて困っているかと思います。

そんな緊急レベルの高いあなたへ向けて、このページでは、鍵を作成したり解錠したりするサービスをまとめています。

 

ご案内
このページでは、2つの観点『鍵を作りたい(複製)』、『鍵を開けたい(解錠)』から構成されています。

1.カギの複製
2.カギの解錠

↑選択すると、その見出しへジャンプします。

 

鍵紛失したから新しい鍵を作りたい

ギアの鍵を複製できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
15,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
15,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
12,000円
(13,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)+HPを見た特典で1,000円OFF)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵を作るまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ30分~45分
(到着まで約15分+作業時間15分~30分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

メットインをどうにかして開けたい

ギアのインロックを解錠できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
8,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
8,000円+α(技術費)
(8,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵があくまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ25分~30分
(到着まで約15分+作業時間10分~15分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

ギアの基本スペック

ギア(GEAR)は、ヤマハ発動機が生産販売しているビジネススクータータイプのオートバイ(原動機付自転車)で、各種配達業務における乗降や荷物の積み卸しの容易さ、積載時の走行性能、高い耐久性などを主な特徴とする業務用スクーターの先駆者である。

ヤマハは1960年代以降、ビジネス用小排気量オートバイとして、MF-1(1960年)を源とするアンダーボーンフレームのマニュアルトランスミッション車「メイト」シリーズを生産販売してきた。しかし1990年代になると、宅配ビザ店の登場など宅配小口化が進み、業務用バイクの需要が伸びる一方[1]、配達や営業・外交でオートバイを使用するユーザー層は、オートマチックトランスミッションのファミリーバイク・スクーターに親しんだ女性や若者が中心を占めるようになり、これまでのアンダーボーンフレームのビジネス車ラインナップとはそぐわない状況が生まれつつあった[1]。
こうした社会の変化を受けてヤマハは1994年、次の4業務をメーンターゲットに設定し、他社を含めた在来車種にない工夫を盛り込んで、女性や若年層に扱いやすく業務用に適した専用バイク「ギア」を開発した[1]。
銀行などの営業・サービス業務
パート、アルバイトによる新聞配達業務
飲食店の出前・ケータリング業務
酒・米などの配達業務
大積載量と頻繁な乗り降りのしやすさを両立した車体を目指し、剛性確保には不利なスクータータイプとしながらも、パイプ径を太くしてフロアパネル下のフレームを3本支持とすることで、通常のスクーターの約2倍の剛性を確保[2][1]。パワーのある空冷2サイクル49ccエンジンと、ジャイロ効果が高いフロント12インチ、リア110/90-10大径・幅広タイヤを採用し、ホイールは軽量でチューブレスタイヤ装着可能かつブレーキ放熱性のよいアルミダイキャスト製とした[1]。
また荷物満載時の操縦性への影響を最小限に抑えるため、前後重量配分を最適化するとともに、オプションのフロントバスケットを装着する場合は、積載物の重さでハンドルを取られることがないようボディマウントとし[1]、リアデッキをメイトより約90ミリ低い地上620ミリとして積み卸しの便を図った[1]。リアデッキの積載量は20キロ。車体を持ち上げることなく直立したまま簡単にスタンドがけ・解除ができる「パーキングスタンド」装備車種も用意。さらに会社名・店名の文字入れがしやすいようボディーカラーは白のみとし、マーキングを簡単にオーダーできるシステムも用意した[1]。
1994年9月1日の初代モデルは、BA50、BA50S(らくらくパーキングスタンド装備)、BA50ST(らくらくパーキングスタンド・一体型リアボックス装備)の3車種[2]。さらに「ボルトオンパーツ」としてオプションで用意していた大型リアキャリアやニュースメイト用大型フロントバスケットを標準装備し、手元灯などを追加した新聞配達仕様ニュースギアBA50Nが1996年6月1日に発売された[3]。
使い勝手や機能性が支持されて配達業務から地方でのコミューター用途まで幅広く普及しており[4]、日本郵便の郵便配達業務車としても納入が進んでいる。2016年には、業務用スクーターのパイオニアとして市場の開拓に貢献した実績を評価され、同社製オートバイとしては「SR400」に続く「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞した[5]。

(※wikipediaより引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です