ジャイロUPの鍵を紛失、メットインにインロックしてしまった緊急対処法

バイクの鍵をなくしてしまったり、スペアもない、またはメットインにインロックをしてしまった場合ってすごく困りますし、緊急事態ですよね。

このページを今ご覧のあなたは、ホンダのジャイロUPの鍵をなくしてしまって、運転ができずに困っていたり、もしくは、インロックを解錠したくて困っているかと思います。

そんな緊急レベルの高いあなたへ向けて、このページでは、鍵を作成したり解錠したりするサービスをまとめています。

 

ご案内
このページでは、2つの観点『鍵を作りたい(複製)』、『鍵を開けたい(解錠)』から構成されています。

1.カギの複製
2.カギの解錠

↑選択すると、その見出しへジャンプします。

 

鍵紛失したから新しい鍵を作りたい

ジャイロUPの鍵を複製できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
15,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
15,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
12,000円
(13,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)+HPを見た特典で1,000円OFF)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵を作るまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ30分~45分
(到着まで約15分+作業時間15分~30分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

メットインをどうにかして開けたい

ジャイロUPのインロックを解錠できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
8,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
8,000円+α(技術費)
(8,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵があくまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ25分~30分
(到着まで約15分+作業時間10分~15分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

ジャイロUPの基本スペック

タイプグレード名 GYRO UP
発売年 2000
発売月 2
全長 (mm) 1760
全幅 (mm) 685
全高 (mm) 1010
軸間距離 (mm) 1240
最低地上高 (mm) 90
シート高 (mm) 755
乾燥重量 (kg) 105
車両重量 (kg) 110
原動機種類 2ストローク
気筒数 1
シリンダ配列 単気筒
冷却方式 空冷
排気量 (cc) 49
2スト・バルブ方式 ピストンリードバルブ
内径(シリンダーボア)(mm) 40
行程(ピストンストローク)(mm) 39.3
圧縮比(:1) 7
最高出力(kW) 3.7
最高出力(PS) 5
最高出力回転数(rpm) 6500
最大トルク(N・m) 5.6
最大トルク(kgf・m) 0.57
最大トルク回転数(rpm) 6000
燃料タンク容量 (L) 5
満タン時航続距離(概算・参考値) 230.0
点火プラグ標準搭載・型式
BR8HSA
搭載バッテリー・型式
YTZ7S
燃料消費率(1)(km/L) 46.00
測定基準(1) 30km/h走行時
タイヤ(前)
3.50-10
タイヤ(前)構造名 バイアス
タイヤ(前)荷重指数 41
タイヤ(前)速度記号 J
タイヤ(後)
130/90-6
タイヤ(後)構造名 バイアス
タイヤ(後)荷重指数 53
タイヤ(後)速度記号 J
ホイールリム幅(前) 2.15
ホイールリム幅(後) 4.00

ジャイロ (GYRO) は、本田技研工業が製造販売するオートバイのシリーズ商標である。本項では同社が過去に製造販売した派生車種についても解説を行う。

2輪車の特長であるスムーズ・軽快・経済性を損なうことなく、4輪車の特長である居住性・快適性を合わせもつ備えた新しいカテゴリーの乗りものを前1輪・後1軸2輪のスクーター=スリーターと銘打ち1981年11月に発売されたストリーム[1]に続いて第2弾となる排気量49㏄の原動機付自転車で、1982年10月にジャイロ Xとして販売開始された[2]。
車名はGreat(偉大な)Yours(あなたの)Recreational(娯楽の) Original(オリジナル=独特)の頭文字を取ったもので『優れた多目的性を持ち、仕事からレジャーまで使える独特の乗りもの』というう意味合いが含まれ、さらに羅針盤(方位磁針)を意味するジャイロコンパスとのダブルミーニングである[2]。また当初の市販モデルとなったXにはこれから次々と楽しい使い方が生まれてくる秘めた可能性を込めた。
他のスリーターシリーズがいずれも1985年までに生産終了となるも、本シリーズはバリエーション展開を広げ、2008年に搭載エンジンを空冷2ストローク単気筒から水冷4ストローク4バルブSOHC単気筒へ変更するフルモデルチェンジ[注 1]を経て、2017年現在でも製造販売が継続される。

本シリーズでは以下の車名・型式名[注 3]で3バリエーションが販売された。
ジャイロ X(型式名TD01):1982年10月13日発表 同月14日発売[2] ジャイロ UP(型式名A-TA01):1985年9月18日発表 同年10月1日発売[5] ジャイロ キャノピー(型式名A-TA02):1990年11月13日発表 同年12月1日発売[6] 以下は3バリエーション共通の構造について解説を行うと共にバリエーションごとの詳細はそれぞれの項目を参照のこと。
車体はバックボーン型フレームを採用。サスペンションは、前輪がボトムリンク、後輪がユニットスイングと通常の2輪スクーターと同様であるが、車体中央付近に回転軸を持った相互の連結部に適切な復元力をあたえるナイトハルト機構[注 4]を採用したことにより、側車付二輪車・オート三輪・通常のトライク[注 5]などとは異なり、通常のオートバイと同様にコーナリングでフロントボディの左右自在スイング、即ち内側への重心移動を可能にした点が最大の特徴であるが、スイング状態からの復元力が若干異なり、エンジンなどの重量物を含む後輪側が重心移動に関与しないためオートバイと比較して旋回時に大きく傾ける必要がある。
加えてリヤ駆動軸にXは当初車軸左右回転差を調整するデファレンシャルクラッチを[2]、UP・キャノピーではデファレンシャルギアを搭載し[5]、旋回性を向上させた。
また構造上スタンド類は未装備で、代わりにスイング機構や車輪を固定するワンタッチ操作のパーキングロック機構を装備し、傾斜地においても車体の水平を保ったまま駐車することが可能である。
タイヤホイールサイズは、前輪がXの1982年モデルのみ3.75-8としたほかは[2]、X・UPが3.50-10[5]→90/100-10、キャノピーが4.00-12[6]→100/100-12[8]、後輪は当初が5.40-6[2][5]、キャノピーラインナップ後が130/90-6[6]、4ストローク化後が130/70-8[8]とするほか、ブレーキは前後リーディング・トレーリングを装着する。
搭載されるエンジンは、2ストローク時代はXがTD01E型、UP・キャノピーがTA01E型とされたが、いずれも内径x行程=40.0×39.3(mm)である。1997年に本田技研工業は同社の二輪車エンジン4ストローク化方針[9]を発表したが、本シリーズは唯一の例外として1999年から2000年にかけてキャブレター最適化・マフラーに三元触媒ならびにエアインジェクションシステム(二次空気導入装置)を導入し、平成10年自動車排出ガス規制ならびに騒音規制に適応させたため識別記号BB-を附帯するマイナーチェンジを実施して対応した[10]。しかし本規制対応車の継続生産期限が2008年8月31日とされたことから[10]、同年3月21日発表、同月27日発売で平成18年自動車排出ガス規制に適合させた内径x行程=38.0×44.0(mm)のTA03E型水冷4ストローク4バルブSOHC単気筒エンジンを搭載するフルモデルチェンジを実施[8]。さらに2016年7月1日に施行された欧州Euro4とWMTCを参考とした規制値および区分[11]の平成28年自動車排出ガス規制[12]に適応させたマイナーチェンジ[注 6]を2017年8月22日発表、同年9月22日発売で実施した[13]。なお燃料供給は2ストローク時代のキャブレターから4ストローク化後はPGM-FI電子式燃料噴射装置に変更されたが、始動方式はすべてセルフ・キック併用、動力伝達は一貫してVベルト式無段変速機を搭載する。
積載量はモデルによって異なるが、道路交通法の規格上最大積載量は30kgとなる。

Xがビジネス向け、なかでも配達用途の需要が高かったことから、一部設計変更して積載に特化させたモデルである。
Xのリヤデッキ部分を地上高460mmまで低床化し、450×570(mm)・最大積載量30kgの荷台[注 18]とした上で荷物と荷台の傷つきを防止するゴムマットを標準装備する。また荷台部分はX・キャノピーとは異なりスイングする前部から分離した後輪軸上に固定される[注 19]。したがって旋回時も水平を保つため荷崩れしにくく[注 20]、停車時も左右バランスを保つ必要がない。

低床大型化した積載スペース
搭載されたTA01E型エンジンはX用のTD01E型と基本設計は共用するが、チューニングが異なっており、最高出力5.1ps/6,500rpm・最大トルク0.60kg-m/5,500rpm・30㎞/h定地走行テスト値58.0㎞/L・乾燥重量94kgのスペックとされた[5]。
なお本モデルは、2008年の4ストロークエンジン化の際に対象から外され生産終了となった。

(※wikipediaより引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です