ジーダッシュの鍵を紛失、メットインにインロックしてしまった緊急対処法

バイクの鍵をなくしてしまったり、スペアもない、またはメットインにインロックをしてしまった場合ってすごく困りますし、緊急事態ですよね。

このページを今ご覧のあなたは、ホンダのジーダッシュの鍵をなくしてしまって、運転ができずに困っていたり、もしくは、インロックを解錠したくて困っているかと思います。

そんな緊急レベルの高いあなたへ向けて、このページでは、鍵を作成したり解錠したりするサービスをまとめています。

 

ご案内
このページでは、2つの観点『鍵を作りたい(複製)』、『鍵を開けたい(解錠)』から構成されています。

1.カギの複製
2.カギの解錠

↑選択すると、その見出しへジャンプします。

 

鍵紛失したから新しい鍵を作りたい

ジーダッシュの鍵を複製できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
15,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
15,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
12,000円
(13,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)+HPを見た特典で1,000円OFF)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵を作るまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ30分~45分
(到着まで約15分+作業時間15分~30分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

メットインをどうにかして開けたい

ジーダッシュのインロックを解錠できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
8,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
8,000円+α(技術費)
(8,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵があくまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ25分~30分
(到着まで約15分+作業時間10分~15分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

ジーダッシュの基本スペック

型式 A-AF23
全長(m) 1.585
全幅(m) 0.650
全高(m) 1.005
軸距(m) 1.140
最低地上高(m) 0.110
シート高(m) 0.715
車両重量(kg) 63.0
乾燥重量(kg) 59.0
乗車定員(人) 1
燃費(km/L)30km/h定地走行テスト値 50
最小回転半径(m) 1.7
エンジン型式 AF18E(空冷・2サイクル・単気筒)
総排気量(cm3) 49
内径×行程(mm) 39.0×41.4
圧縮比 7.2
最高出力(PS/rpm) 6.8/7,000
最大トルク(kg-m/rpm) 0.73/6,500
キャブレター型式 PB80
始動方式 セルフ式(キック式併設)
点火装置形式 CDI式マグネット点火
潤滑方式 分離潤滑式
潤滑油容量(L) 0.8
燃料タンク容量(L) 3.6
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
キャスター(度) 27
トレール(mm) 74
タイヤサイズ 前・後 80/90-10 34J
ブレーキ形式 前 油圧式ディスク
後 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 前 テレスコピック式
後 ユニット・スイング式
フレーム形式 アンダーボーン

G´(ジーダッシュ)は、本田技研工業がかつて製造販売発売したオートバイである。

1989年1月18日発表、同月25日に年間販売目標50,000台・標準販売価格143,000円で[注 1]で発売[1]。型式名A-AF23。アンダーボーンフレームに排気量49㏄のAF18E型空冷2ストローク単気筒エンジン[注 2]を搭載するスクータータイプの原動機付自転車である。
1,140mmのショートホイールベース・1,585mmのコンパクトな全長・乾燥重量59kgをセールスポイントとし、当時流行し始めていたメットインスペースすら省略するスポーツスクーターというコンセプトは[1]、DJ・1の実質的なフルモデルチェンジ車である。
このためセル・キック併用で始動するAF18E型エンジンは内径x行程=39.0×41.4(mm)[注 3]・圧縮比7.2から最高出力6.8ps/7,000rpm・最大トルク0.73kg-m/6,500rpmのスペックを発揮[1]。サスペンションも前輪テレスコピック/後輪ユニットスイングとし、タイヤサイズは前後80/90-10とした上でブレーキも前輪油圧式シングルディスク/後輪機械式リーディング・トレーリングとされた[1]。
1990年に生産終了。

(※wikipediaより引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です