ストリートマジックの鍵を紛失、メットインにインロックしてしまった緊急対処法

バイクの鍵をなくしてしまったり、スペアもない、またはメットインにインロックをしてしまった場合ってすごく困りますし、緊急事態ですよね。

このページを今ご覧のあなたは、スズキのストリートマジックの鍵をなくしてしまって、運転ができずに困っていたり、もしくは、インロックを解錠したくて困っているかと思います。

そんな緊急レベルの高いあなたへ向けて、このページでは、鍵を作成したり解錠したりするサービスをまとめています。

 

ご案内
このページでは、2つの観点『鍵を作りたい(複製)』、『鍵を開けたい(解錠)』から構成されています。

1.カギの複製
2.カギの解錠

↑選択すると、その見出しへジャンプします。

 

鍵紛失したから新しい鍵を作りたい

ストリートマジックの鍵を複製できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
15,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
15,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
12,000円
(13,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)+HPを見た特典で1,000円OFF)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵を作るまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ30分~45分
(到着まで約15分+作業時間15分~30分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

メットインをどうにかして開けたい

ストリートマジックのインロックを解錠できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
8,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
8,000円+α(技術費)
(8,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵があくまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ25分~30分
(到着まで約15分+作業時間10分~15分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

ストリートマジックの基本スペック

原付クラス最高の出力をもつ空冷2サイクル単気筒エンジンを、スチール製ツインスパーフレームに搭載したストリートマジック。このベースグレードではホイールがスチール製となるが、ロードタイヤや、フロントディスクブレーキ、しっかりしたシャシーからは、かなりスポーティなハンドリングとなっている。そのスタイルからは、モタードバイクらしさも感じられ、スクーター同様、イージーなライディングを楽しみながら、スポーツバイク的感覚を楽しめる1台なのだ。

型式 A-CA1LA
全長(mm) 1635 全幅(mm) 710
全高(mm) 965 シート高(mm) 710
乾燥重量(kg) 73 総重量(kg) -
サスペンション
型式(前) - サスペンション
型式(後) -
キャスター角(度/分) - トレール(mm) -
ブレーキ型式(前) 油圧式ディスク ブレーキ型式(後) リーディングトレーリング
タイヤサイズ(前) 110/80-12 51J タイヤサイズ(後) 120/80-12 54J
エンジン・トランスミッション
型式 A152
エンジン種類 強制空冷・2サイクル・単気筒 総排気量 49cc
圧縮比(:1) 7.2 ボア(mm) -
ストローク(mm) 最高出力(kW/rpm) (7.2PS)/6750
最大トルク(N・m/rpm) (0.82kg・m)/6000 始動方式 セルフ式(キック式併設)
点火方式 CDI式 クラッチ方式 -
変速機型式 Vベルト無段変速 燃料供給方式 -
潤滑方式 分離潤滑式 燃料タンク(L) 6.4

ストリートマジック(STREETMAGIC)は、スズキが製造していたオートバイ。排気量が50ccの「ストリートマジック50」と、110ccの「ストリートマジック110」が販売されていた。

ストリートマジックは、スクーターが持つ手軽さ、ロードスポーツ車の性能、力強く軽快なスタイルを追及。ツインチューブフレームの車体にオートマチックトランスミッション、ロードスポーツ車風の外観、跨ぐタイプの乗車姿勢など他に類を見ないスクーターであった。エンジンは空冷2ストローク単気筒エンジンで、50cc版は原動機付自転車の出力規制値の7.2馬力を発生する。12インチのホイール、倒立フロントフォークも特徴的である。

1997年2月:ストリートマジック50(TR50V)とストリートマジック50S(TR50SV)の2モデルが同時発売。ストリートマジック50Sは、ストリートマジック50をベースに、エンケイ製アルミダイキャストホイール、ステアリングステム、オイルダンパ内臓式フロントフォーク、リザーバタンク付きリアショックを装備し、運動性能の向上を図っている。その他にもオイルポンプ、CDIユニット、サイレンサーが変更されている。
1997年6月:「RV発想」のストリートマジック50Ⅱ(TR50SDV)が追加発売。ストリートマジック50Sとの主な相違点として、
ヘッドライトが角形から丸型に変更、ヘッドライトガード、メータバイザが装備された。
フロントフォーク、リアショックの取り付け部の変更。
アップハンドルバーの採用。
フロントフェンダーの取り付け位置及び形状が変更され、ブレーキディスクカバーが装備された。
フレームの板厚の変更、補強プレートの追加によるフレーム剛性の向上。
ヘルメットホルダ、リアキャリアが装備された。
フットレストブラケットがアルミダイキャスト製から剛性の高い鉄製へと変更。
タイヤサイズ、タイヤパターンの変更。
が挙げられる。
2000年7月:ストリートマジック50Ⅱ(TR50SDY)が発売。このモデルでは、排気ガス規制に対応させるため、1stマフラーに触媒の追加、キャブレターのセッティングの変更が行われた。その他にも、クラッチアウターカバー、オイルポンプ、シートなどの細部の変更が行われた。
2003年4月:ストリートマジック50Ⅱ(TR50SDK3)が発売。従来のオフロードイメージのカラーリングからストリートイメージの高いボディカラーとデカールに変更された。また,フレーム、フロント・リアフェンダー、ヘッドライトガード、リアキャリアが黒色塗装に変更された。
2005年3月:ストリートマジック50Ⅱ(TR50SDK5)が発売。エンブレムの変更、フロントブレーキキャリパカバーが金色から黒色への変更が行われた。
2006年11月:生産終了。

(※wikipediaより引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です