スペイシー50の鍵を紛失、メットインにインロックしてしまった緊急対処法

バイクの鍵をなくしてしまったり、スペアもない、またはメットインにインロックをしてしまった場合ってすごく困りますし、緊急事態ですよね。

このページを今ご覧のあなたは、ホンダのスペイシー50の鍵をなくしてしまって、運転ができずに困っていたり、もしくは、インロックを解錠したくて困っているかと思います。

そんな緊急レベルの高いあなたへ向けて、このページでは、鍵を作成したり解錠したりするサービスをまとめています。

 

ご案内
このページでは、2つの観点『鍵を作りたい(複製)』、『鍵を開けたい(解錠)』から構成されています。

1.カギの複製
2.カギの解錠

↑選択すると、その見出しへジャンプします。

 

鍵紛失したから新しい鍵を作りたい

スペイシー50の鍵を複製できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
15,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
15,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
12,000円
(13,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)+HPを見た特典で1,000円OFF)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵を作るまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ30分~45分
(到着まで約15分+作業時間15分~30分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

メットインをどうにかして開けたい

スペイシー50のインロックを解錠できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
8,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
8,000円+α(技術費)
(8,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵があくまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ25分~30分
(到着まで約15分+作業時間10分~15分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

スペイシー50の基本スペック

タイプグレード名 SPACY Deluxe
発売年 1982
発売月 5
全長 (mm) 1705
全幅 (mm) 675
全高 (mm) 1050
乾燥重量 (kg) 68
車両重量 (kg) 73
原動機種類 4ストローク
気筒数 1
シリンダ配列 単気筒
冷却方式 空冷
排気量 (cc) 49
最高出力(PS) 5
最高出力回転数(rpm) 9000
最大トルク(kgf・m) 0.42
最大トルク回転数(rpm) 7500
燃料タンク容量 (L) 5
燃料供給方式 キャブレター
満タン時航続距離(概算・参考値) 550.0
エンジン始動方式 セルフ・キック 併用式
点火装置 C.D.I.式
変速機形式 Vベルト式・無段変速
燃料消費率(1)(km/L) 110.00
測定基準(1) 30km/h走行時
タイヤ(前)
3.00-10
タイヤ(前)構造名 バイアス
タイヤ(前)プライレーティング 2PR
タイヤ(後)
3.00-10
タイヤ(後)構造名 バイアス
タイヤ(後)プライレーティング 2PR

スペイシー (SPACY) は、本田技研工業がかつて製造販売したオートバイのシリーズ商標である。

シリーズとして排気量別に数車種が販売されていたが、共通項として4ストロークSOHC単気筒エンジンを搭載するスクーターである。
開発の経緯[編集] 1980年に本田技研工業としては初のステップスルースクーターのタクトが発売されると[1]、1年で38万台をセールスする爆発的ヒット商品となり[2]、バリエーションの拡大ならびに派生車種の多数設定が行われたが、それらはいずれも低コスト・小排気量でも高出力を得やすい特性・シンプルな構造ゆえの軽量な点で2ストロークエンジンを搭載するモデルであった。一方で4ストロークエンジンのもつ経済性・静粛性・耐久性を要望する声もあり、近未来感覚のスタイリングを併せ持つスクーターとして開発されたのが本シリーズである[3]。
なお発売当時の1982年時点では、本田技研工業としては1963年に生産終了したM85型ジュノオ[4]以来かつ日本国内では唯一の4ストロークエンジンを搭載するスクーターである[3]。

本項では排気量別に解説を行う。
スペイシー50[編集]

スペイシー50
ホンダコレクションホール保存車
1982年5月7日発表、同月13日発売[5]。型式名AF02[注 1]。正式車名はスペイシー[注 2]の排気量49ccエンジンを搭載する原動機付自転車である。
最大の特徴でもあるAF02E型強制空冷4ストローク単気筒エンジンは、1981年発表のスーパカブC50に投入されたエコノパワー技術[6]も活用。その結果として内径x行程=39.0×41.4(mm)[注 3]から、最高出力5.0ps/9,000rpm・最大トルク0.42kg-m/7,500rpm・30㎞/h定地走行テスト値110㎞/Lのスペックをマークする[5]。また変速機も当時としても異例な自動遠心クラッチ式3速フルオートマチックトランスミッションを搭載するほか、始動方式はセル・キック併用である[5]。
車体も近未来的イメージな直線基調のデザインを採用し、独自構造のボディ一体キー付フロントトランクは容量こそ少ないものの12インチLPレコードの収納を可能とした本モデルは、年間販売目標を240,000台に設定し、以下の標準販売価格[注 4]でグレード展開が行われた[5]。
カスタム:159,000円
デラックス:176,000円
カスタムは、液晶デジタルスピードメーター&エコノモニター・ツートーン電子ウインカーアラーム・電圧計・トリップメーター・スピードオーバー警告インジケーター・トリップメーター・ハロゲンヘッドライト・コムキャストホイールを装備する上級グレードとしての設定である。  
1984年2月14日発表、同月15日発売で以下のマイナーチェンジを実施[7]。
グレード展開を廃止し標準販売価格179,000円とする
変速機をVベルト式無段変速機へ変更
デジタルスピードメーターを廃止し指針式アナログメーターへ変更
年間販売目標を50,000台に縮小
1986年に生産終了。

(※wikipediaより引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です