トゥデイの鍵を紛失、メットインにインロックしてしまった緊急対処法

バイクの鍵をなくしてしまったり、スペアもない、またはメットインにインロックをしてしまった場合ってすごく困りますし、緊急事態ですよね。

このページを今ご覧のあなたは、ホンダのトゥデイの鍵をなくしてしまって、運転ができずに困っていたり、もしくは、インロックを解錠したくて困っているかと思います。

そんな緊急レベルの高いあなたへ向けて、このページでは、鍵を作成したり解錠したりするサービスをまとめています。

 

ご案内
このページでは、2つの観点『鍵を作りたい(複製)』、『鍵を開けたい(解錠)』から構成されています。

1.カギの複製
2.カギの解錠

↑選択すると、その見出しへジャンプします。

 

鍵紛失したから新しい鍵を作りたい

トゥデイの鍵を複製できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
15,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
15,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
12,000円
(13,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)+HPを見た特典で1,000円OFF)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵を作るまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ30分~45分
(到着まで約15分+作業時間15分~30分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

メットインをどうにかして開けたい

トゥデイのインロックを解錠できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
8,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
8,000円+α(技術費)
(8,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵があくまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ25分~30分
(到着まで約15分+作業時間10分~15分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

トゥデイの基本スペック

ヘルメット収納スペース、盗難抑止システム、安心のコンビブレーキシステム(前後輪連動ブレーキ)など、充実した装備でありながら、メーカー希望小売価格94,800円という低価格を実現。50ccスクーターでは国内初の、個性豊かな10色のカラーバリエーションを標準設定した。

タイプグレード名 TODAY F
モデルチェンジ区分 カラーチェンジ
発売年 2012
発売月 1
全長 (mm) 1695
全幅 (mm) 650
全高 (mm) 1030
軸間距離 (mm) 1180
最低地上高 (mm) 110
シート高 (mm) 695
車両重量 (kg) 79
原動機種類 4ストローク
気筒数 1
シリンダ配列 単気筒
冷却方式 空冷
排気量 (cc) 49
4スト・カム駆動方式 OHC(SOHC)
内径(シリンダーボア)(mm) 37.8
行程(ピストンストローク)(mm) 44
圧縮比(:1) 10.1
最高出力(kW) 2.8
最高出力(PS) 3.8
最高出力回転数(rpm) 8250
最大トルク(N・m) 3.7
最大トルク(kgf・m) 0.38
最大トルク回転数(rpm) 7000
燃料タンク容量 (L) 4.6
燃料供給方式 フューエルインジェクション
満タン時航続距離(概算・参考値) 335.8
エンジン始動方式 セルフ・キック 併用式
点火装置 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式
CR7HSA-9
搭載バッテリー・型式
YTX4L-BS
エンジンオイル容量※全容量 (L) 0.80
エンジンオイル量(オイル交換時) (L) 0.70
推奨エンジンオイル(SAE粘度)
10W-30
クラッチ形式 乾式・多板・遠心
変速機形式 Vベルト式・無段変速
キャスター角 26.3
トレール量 (mm) 71.0
懸架方式(前) テレスコピックフォーク
懸架方式(後) ユニットスイング式
燃料消費率(1)(km/L) 73.00
測定基準(1) 30km/h走行時
ブレーキ形式(前) 機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後) 機械式リーディングトレーリング
タイヤ(前)
80/100-10
タイヤ(前)構造名 バイアス
タイヤ(前)荷重指数 46
タイヤ(前)速度記号 J
タイヤ(前)タイプ チューブレス
タイヤ(後)
80/100-10
タイヤ(後)構造名 バイアス
タイヤ(後)荷重指数 46
タイヤ(後)速度記号 J
タイヤ(後)タイプ チューブレス
ホイールリム幅(前) 2.15
ホイールリム幅(後) 2.15
ヘッドライトタイプ(Hi)
PH7

トゥデイ(Today)は、本田技研工業がかつて生産、販売していた軽自動車である。

商用モデル(1985年発売)と乗用モデル(1988年発売)があり、商用モデルは軽ボンネットバン、乗用モデルには2ドア/4ドアセミノッチバックと3ドア/5ドアハッチバックがある。

1985年9月10日に軽ボンネットバン(商用車)として発表された(発売は翌9月11日)。
丸形ヘッドランプはエンジンフードとフロントバンパーにまで食い込み、リアコンビネーションランプはリアバンパーに内に設置、またフロントワイパーはシングル式とユニークな仕様で、全体にスラント&ショートノーズデザインのスタイルが印象的な車である[1][2]。 エンジンはシリンダーを水平近くにまで前傾し、デファレンシャルギアをその下に配置することによってエンジンルームの全長を抑え、広い室内空間を実現していた。同社の2代目「CR-X」よりも長い2,330 mmのホイールベースと広いトレッド(前:1,225mm・後:1,230mm)により、最小回転半径は大きかったものの、当時の軽自動車を凌駕する操縦安定性を確保していた。
『M・M思想』(Man-Maximum・Mecha-Minimum)に基づき開発された[3]このレイアウトの発案者は川本信彦(後の本田技研4代目社長)であった。
エンジンは、2気筒 550 cc SOHCのEH型エンジンを搭載した。当初は新開発の3気筒もしくは4気筒エンジンを企画していたが、ユーザーユニオン事件による販売不調やイメージの低下、およびアメリカ市場での大型バイクの好調や排ガス規制とオイルショックの影響が追い風になりシビックが世界的にヒットしたため、製造ラインが不足し乗用車工場をシビックの生産に傾注させる経営判断、さらに軽自動車への車検の義務化や保安基準が新しくなったことにより小型乗用車との価格差が縮まり、メリットが薄れてきた軽乗用車市場が縮小していた等の側面も加わり、他社は軽自動車という日本独自の小さな規格内で奮闘する中、1974年(昭和49年)に一度は撤退したはずの軽乗用車市場に再参入するという身勝手なホンダへ怒りを持った他社からの圧力が強く、結果的に高性能なエンジンを搭載することができなかった。また、予算も限られていたことから、アクティ用エンジンをチューンして[4]搭載するに至った経緯がある[5]。
トランスミッションは、4速MTとホンダマチックとよばれたセミオートマチックが設定された。グレードは「G」/「M」/「F」。1987年9月には、「G」をベースにした特別仕様車には5速MTも用意された。
1987年2月20日に、「m」に女性向け装備の追加や専用色を設定した限定車「ポシェット」を発売した。当初は限定車であったが、1990年のマイナーチェンジの際に通常グレードの一つとなった。
1988年2月8日に、マイナーチェンジが行なわれた。エンジンは、3気筒 550cc SOHC 12バルブのE05A型が搭載され、電子燃料噴射式(PGM-FI)エンジン搭載車も設定され、NAスポーツ路線を進むことになった。ライトの形は丸目から角目になり、2代目シティの縮小版的なエクステリアデザインになった。ホンダマチックがようやく誰にでも扱いやすい3速フルATに進化した。グレードは「G」/「M」/「F」、スポーツモデルの「Ri」と「Ri-Z」(PGM-FIエンジン、MT車は5速、タコメーター装備)。オプションで電動サンルーフ(アウタースライド)も選択できた。なお、一部グレードにおいて、軽では異例の完全組み込み式のパワーウィンドウやリモコンドアミラーも設定された。また、点火方式がフルトランジスタとなった。テールランプは後にアクティのバン(2代目中期型以降)とバモスホビオに流用された。

1988年3月10日に、「ライフ」以来の乗用モデル(3ドアハッチバック)が追加された。グレードは「XG」およびPGM-FIエンジン搭載の「XTi」。しかし、のちの物品税廃止により乗用グレードの拡充を図るために「XE」、「XL」が追加される。
1990年2月23日に、軽自動車の規格変更に合わせマイナーチェンジが行なわれた。全長が100mm延ばされ、合わせてデザインも変更される。エンジンは660ccのE07A型が搭載される。さらに、リアサスペンションを新開発の独立懸架としたリアルタイム4WD車を一ヶ月遅れで追加。乗用のグレードは「シーズン」とPGM-FIエンジン搭載の「QXi」、商用は「QF」と「シーズンl」。
1991年の一部改良でトゥデイ初のパワーステアリング装着車が設定された。(ポシェットリミテッドに標準装備)
1993年1月に、乗用モデルがフルモデルチェンジして2代目となるのに合わせて、企業向けの商用バン「トゥデイ PRO」のみのラインナップになる。
1994年9月 商用ユーザーやボンバンユーザーの確保および2代目前期型の後述する原因による販売不振により、パワーウィンドウ・パワーステアリング・マニュアルエアコン・ボディー同色カラードバンパー・ボディー同色ドアミラー・ボディー同色ドアハンドル・ホイールキャップなどの快適設備を装備し、ボディカラーを5色に増やしてPROよりもグレードを上げる事で主にセカンドカーとして使う主婦層をターゲットにしたモデル「トゥデイ ハミング」(4ナンバー商用バン)を発売。これが2代目を上回る人気を獲得し、1998年9月に軽自動車の規格が変更される直前まで継続生産・販売された。

(※wikipediaより引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です