モトコンポの鍵を紛失、メットインにインロックしてしまった緊急対処法

バイクの鍵をなくしてしまったり、スペアもない、またはメットインにインロックをしてしまった場合ってすごく困りますし、緊急事態ですよね。

このページを今ご覧のあなたは、ホンダのモトコンポの鍵をなくしてしまって、運転ができずに困っていたり、もしくは、インロックを解錠したくて困っているかと思います。

そんな緊急レベルの高いあなたへ向けて、このページでは、鍵を作成したり解錠したりするサービスをまとめています。

 

ご案内
このページでは、2つの観点『鍵を作りたい(複製)』、『鍵を開けたい(解錠)』から構成されています。

1.カギの複製
2.カギの解錠

↑選択すると、その見出しへジャンプします。

 

鍵紛失したから新しい鍵を作りたい

モトコンポの鍵を複製できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
15,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
15,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
12,000円
(13,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)+HPを見た特典で1,000円OFF)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵を作るまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ30分~45分
(到着まで約15分+作業時間15分~30分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

メットインをどうにかして開けたい

モトコンポのインロックを解錠できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
8,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
8,000円+α(技術費)
(8,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵があくまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ25分~30分
(到着まで約15分+作業時間10分~15分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

モトコンポの基本スペック

四輪車のホンダシティ搭載用として同時開発を進めてきたトランクバイク「モトコンポ」を全国のホンダ販売店を通じて同時発売。シティとモトコンポの発売により、四輪と二輪で六輪ライフといった足し算的な範囲での使い勝手だけではなく、四輪に二輪を搭載して行動することによってバイクの機能とクルマの機能がかけ算的に広がり、アウトドアライフの新しい使い勝手を創り出すことを提唱する。二輪車と四輪車を持つホンダの強みをフルに発揮した世界で初めての試みでもある。

タイプグレード名 MOTOCOMPO
モデルチェンジ区分 新登場
発売年 1981
発売月 11
全長 (mm) 1185
全幅 (mm) 535
全高 (mm) 910
乾燥重量 (kg) 42
車両重量 (kg) 45
原動機種類 2ストローク
気筒数 1
シリンダ配列 単気筒
冷却方式 空冷
排気量 (cc) 49
最高出力(PS) 2.5
最高出力回転数(rpm) 5000
燃料タンク容量 (L) 2.2
燃料供給方式 キャブレター
満タン時航続距離(概算・参考値) 154.0
エンジン始動方式 キックスターター式
点火装置 C.D.I.式
点火プラグ標準搭載・型式
BP4HS
クラッチ形式 乾式・多板・遠心
変速機形式 Vベルト式・無段変速
懸架方式(前) テレスコピックフォーク
懸架方式(後) ユニットスイング式
燃料消費率(1)(km/L) 70.00
測定基準(1) 30km/h走行時
ブレーキ形式(前) 機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後) 機械式リーディングトレーリング
タイヤ(前)
2.50-8
タイヤ(前)構造名 バイアス
タイヤ(前)プライレーティング 4PR
タイヤ(後)
2.50-8
タイヤ(後)構造名 バイアス
タイヤ(後)プライレーティング 4PR

モトコンポ (MOTOCOMPO) は、かつて本田技研工業が製造販売した排気量49ccの原動機付自転車。
車名は「モータバイク=モト」と、当時流行っていたオーディオの「コンポ」を合わせ「持ち運びのできるモト」という意味がある。

同社のコンパクトカー「シティ」(初代)のトランクルームに積めるというコンセプトで開発された。1981年10月29日発表、同年11月11日発売で、初代シティと同時発表同時発売である。当時の販売価格は8万円。当初から四輪のシティと二輪のモトコンポを同時並行で開発しており、ユニークな試みとして注目された。
キャンプ場やサーキットなどに自動車で移動した後、目的地で自由に行動する事を目的として開発された。数か月前に類似コンセプトで開発スタートしたスカッシュ(モンスク、モンキースクータ)とは開発責任者が異なる。
全長118.5cm、乾燥重量42kgと小柄で軽量の上、ハンドルとシートとステップは折りたたんで箱形のボディーに収納でき、シティのトランクルームに横倒しにして車載できるオートバイである。実際モトコンポには横倒しの車載時の為に↑向きの注意を促すステッカーが貼ってあった。2ストロークエンジン2.5PS / 5,000rpmを搭載する。加速は同時期発売のロードパルと同程度、最高速は45km/h位であった。
走行中に縦・横・斜めへと揺れる車両のトランクに積載されるという前提があったため、開発は非常に難航したが、新機構の塊として完成され、クリスマスシーズン直前に発売された。上下左右前後にそのままの絵が描かれたダンボール箱入りで販売された。
大変ユニークな製品であったが、販売当時は売れ残りが続出した。TVCMなどにおけるイメージの影響で、シティの“おまけ”と思われていたためとも言われている。[要出典]このため、在庫処分に廉価販売された車両もあった。5万台以上が生産されたが、1985年に生産を終了した。
トランクサイズに収まる折り畳み式超小型スクーターの先例としては、1952年にフランスで開発されて数カ国でライセンス生産された「バルモビル(nl:Valmobile)」が著名な例として存在し、日本でもスクーターメーカーとして一時有力であった平野製作所[1]が1960年から輸出向けにライセンスを得て「ヒラノ・バルモビル」として少数を生産している。だがバルモビルが、フロントのハンドルやフロントタイヤ周りをトランクケース型ボディから取り出して外付け組み立てする必要があったのに対し、モトコンポは前後タイヤやドライブトレーン、フロントフォークなどが最初から部分露出状態で、地上に降ろしてから最低限の収納部を引き出して素速く使用できる設計になっており、実用性では長足の進歩を遂げていた。

そのユニークな特徴から、漫画やアニメなどに登場することが多く、生産終了後に人気が高まり、マニア層からは息の長い人気が続いた。特に漫画『逮捕しちゃうぞ』は、モトコンポの生産終了後の作品(1985年が最終年式であるのに対し1986年開始の作品)であるにもかかわらず、強い印象を与えた。
ネットオークションなどでは当時の販売価格以上の値がつくことも多々あり、特に改造された高性能な車両は高価で取引されている。エンジンの非力さに起因する加速や最高速度の不満を解消すべく、購入後に大幅な改造を試みる者も多く、ロードパルSの2段変速機への部品交換(アニメ『逮捕しちゃうぞ』に登場するモトコンポにおいても同様の演出が見られる。第4話「on the road AGAIN」では、作中で実際に変速音が聞こえている)や、乗せ変えやすさからカレンのエンジンに換装することが多い。
また、高性能エンジンへの載せ換えは、ホンダDioシリーズや、ヤマハJOGシリーズのエンジンを使用したものが数多く見られる。中には、ホンダフリーウェイの250ccエンジンを搭載した車両がネットに紹介されたこともある。Dioのエンジンを載せてチューニングを施したマシンにおいては、サーキット走行で90km/h程度の最高速度を記録した記事が月刊オートバイに掲載された。
同様のコンセプトの電動アシスト自転車としては、同社から2001年に発売されたステップコンポシリーズがある。

(※wikipediaより引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です