ロードパルの鍵を紛失、メットインにインロックしてしまった緊急対処法

バイクの鍵をなくしてしまったり、スペアもない、またはメットインにインロックをしてしまった場合ってすごく困りますし、緊急事態ですよね。

このページを今ご覧のあなたは、ホンダのロードパルの鍵をなくしてしまって、運転ができずに困っていたり、もしくは、インロックを解錠したくて困っているかと思います。

そんな緊急レベルの高いあなたへ向けて、このページでは、鍵を作成したり解錠したりするサービスをまとめています。

 

ご案内
このページでは、2つの観点『鍵を作りたい(複製)』、『鍵を開けたい(解錠)』から構成されています。

1.カギの複製
2.カギの解錠

↑選択すると、その見出しへジャンプします。

 

鍵紛失したから新しい鍵を作りたい

ロードパルの鍵を複製できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
15,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
15,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
12,000円
(13,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)+HPを見た特典で1,000円OFF)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵を作るまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ45分〜60分
(到着まで約30分+作業時間15分〜30分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ30分~45分
(到着まで約15分+作業時間15分~30分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

メットインをどうにかして開けたい

ロードパルのインロックを解錠できるサービス一覧

鍵ドットコム
【電話する】
担当
対応してます!
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
担当
対応してます!
鍵のトラブル救急車
【電話する】
担当
対応してます!

料金、対応地域、受付時間、電話をしてから鍵完了までの時間の比較

料金

鍵ドットコム
【電話する】
8,000円+交通費(近場は無料)
(ただし、夜間・深夜の作業20:00〜24:00の間の場合は、別途3,000円がかかります。)
※依頼して10分以内のキャンセルは無料、それ以上は別途相談
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8,000円
※キャンセル料いつでも無料
鍵のトラブル救急車
【電話する】
8,000円+α(技術費)
(8,000円(基本料金4,000円、出張費4,000円込)
※キャンセルの場合、6,480円のキャンセル料金が発生

鍵があくまでの目安時間

鍵ドットコム
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
およそ40分〜45分
(到着まで約30分+作業時間10分〜15分)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
およそ25分~30分
(到着まで約15分+作業時間10分~15分)

電話を受け付けている時間

鍵ドットコム
【電話する】
7:00〜22:00(365日年中無休)
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
8:00~24:00(365日年中無休)
鍵のトラブル救急車
【電話する】
24時間365日年中無休

対応地域

鍵ドットコム
【電話する】
関東全域、愛知県、大阪府、静岡県、福岡県のみ
詳しくはコチラ
鍵の救急サポートセンター
【電話する】
全国47都道府県対応
詳しくはコチラ
鍵のトラブル救急車
【電話する】
北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県のみ
詳しくはコチラ

 

ロードパルの基本スペック

タイプグレード名 ROAD PAL
発売年 1976
発売月 2
全長 (mm) 1545
全幅 (mm) 600
全高 (mm) 985
軸間距離 (mm) 1050
最低地上高 (mm) 120
車両重量 (kg) 44
点火プラグ標準搭載・型式
BP4HS
搭載バッテリー・型式
6N2-2A-8
タイヤ(前)
2.00-14
タイヤ(前)構造名 バイアス
タイヤ(前)プライレーティング 4PR
タイヤ(後)
2.00-14
タイヤ(後)構造名 バイアス
タイヤ(後)プライレーティング 4PR

ロードパル(roadpal)は、本田技研工業がかつて製造販売していたオートバイである。

本モデル販売開始以前は女性の免許証保有比率が20%近くもありながら10人に1人もオートバイに乗っていないことが同社の調査で判明したことから[2]、学科試験だけで運転免許が取得できる原動機付自転車でさらなるユーザー層の獲得を狙って1973年から企画開発された[3]。商品化に当たっては、以下のコンセプトが重要視された[1]。
女性にもとりまわしが楽で軽く[注 1]大きさもミニサイクル程度にする[注 2] エンジン始動に扱いやすい新機構を採用
これまでオートバイになじみのない人たちでも気軽に乗れる
手頃な価格[注 3] 1976年に標準現金価格59,800円で発売[1]。極めて廉価[注 4]かつギアチェンジの煩雑さからの解放やメンテナンス省力化などの扱いやすさから、輸出も含み1年間で25万台の売上を記録するヒット商品となった[注 5]。
テレビコマーシャルをはじめとするイメージキャラクターには国際的女優のソフィア・ローレンを起用。実際に運転させ女性のオートバイに対する抵抗感を払拭することに成功した功績も大きいと言われている。CM内でソフィア・ローレンが発したキャッチフレーズのラッタッタは、本バイクの通称ともなり、気軽に乗れる印象をさらに深めることにもつながった[注 6]。
その後は好評により改良が実施されたほか、派生車種もラインナップ。1983年まで生産された。

型式名NC50。最高出力2.2psの空冷単気筒2ストロークピストンリードバルブエンジンを搭載するが、以下に示す従来のオートバイと大きく異なる新機構が多数採用された[1]。
始動方式
女性に敬遠されることからキックスターターを廃止。またコスト面からセルモーターも搭載が難しいために以下の方法で始動を行う蓄力式を採用した[6]。
タップスターターのペダルが固く感じるまで踏み込み始動用のゼンマイが巻かれる
続いて後輪ブレーキ・レバーを引いてゼンマイを解放
ゼンマイの復元力でクランクが回りエンジン始動
1977年に発売されたロードパルLからは、腕時計の自動巻き機構に酷似した方式で、後輪が一定距離進むと始動機構のゼンマイが自動的に巻き取られ、再始動はクイックボタンを押しながら後輪ブレーキレバーを引くだけのクイックスターターを搭載[5]。
駆動系
エアクリーナー・エンジン・チェーンケース・後輪を小型一体化。
この構造は後にスクーターでも広く採用された。
ヘッドライト
バルブはハイ⇔ロー切替を廃止した15wタングステン灯。ヘッドライトケースに設置した両面キースイッチを使用し「停止」⇔「走行」⇔「夜間」の文字表示間操作で点灯。
タンク類の集中化
容量2.0Lの燃料タンクと容量0.8Lオイルタンクを一体化。オイルは残量警告灯を廃止し、タンク側面に点検用小窓を設置。

(※wikipediaより引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です